お疲れ様  


製造1課の川岡です。 

今回、30年共に働いてきた自動溶接機を廃棄することにしました。

使用頻度も減り、維持費もかかるため廃棄を決めました。

全盛期には毎日のように使用してましたが、今や、半年に2・3回となり処分を決めました。

30年間ありがとう。