スタッドの効率化に向けて


製造1課のナカムラです。

 

 

 

 

 

 

 

スタッド工程で使っています「コーリヤン」(写真左)

曲げやダボ(スポット工程で位置合わせに使用する)等、

高さが出て平らにならない時に製品の下に敷いて使用してます。

 

 

 

 

 

高さが二種類で大きさも様々あります。

今回塩ビの板を、切断して代用品を作りました。

 

 

 

 

 

今まで製品によってパズルの様に組み合わせてた物も

塩ビの板(t3.0)で統一させることによって安定感が出ました。

製品の状況に応じて使い分けをし、効率化を目指していきます!

 

 

 

 

 

 

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です