新たな場所でのカイゼン


こんにちは、製造2課の高橋です。

今回は新たな場所でのカイゼンについてお話ししたいと思います。

 

 

 

 

ちょっと前の事になりますが、製造1課(現場)から製造2課(ブランク)に

異動になりまして日々勉強の毎日なのですが、その中で気になった事、

危ないなと思った事がありましたので、カイゼンを行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブランク工程では「手ざし」という作業がありまして、

加工数量が少ない製品で、定尺の材料を使うと余ってしまうので、

端材を使い加工することが多々あります。

 

 

 

 

その際、加工するまで一時的に端材を置く所が無いため、

上の写真のように壁に立てかけていました。

 

 

 

 

しかしこれでは倒れてきた時に危ないですし、

件数を重ねるとどこに何があるかが分かりづらくなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで、2枚目の写真のように、台車に一工夫をして端材を置く場所を作りました。

これを作った事によって危険も少なくなりましたし、端材が重なることが無いので

迷うことが少なくなりました。

 

 

 

 

まだまだカイゼンすべきことはたくさんあると思うので、

どうすればより良くなるかを日々考えていきたいと思います。

 

 

 

 

 

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です