仕事の速い人になるために


生産技術課のヤギです。

 

 

 

 

「今までの業務が同じ成果で、作業時間が短縮する」

これ、企業としても個人としてもうれしいことと思います

 

 

 

 

達成することは容易ではないと思われますが、小さな工夫の積み重ねで実現できることもあるようです

 

 

 

 

その手法として、

【RPA】Robotic Process Automationや

【BPM】Business Process Managementの活用があげられます

 

 

 

 

今回は、私の業務の中でメールでのやり取りする時間も多々ありますので、

RPAが活用できないか考えてみたいと思います

 

 

 

 

その一つとして、私が使っているOutlook内で定型の文章を入力する際の補助機能の紹介です

 

 

 

 

特に使用頻度の高い文言を登録してみます

「よろ」と入力したら「よろしくお願いします。」と挿入できるようにします

 

 

 

 

 

 

 

 

このように登録しておけば、2文字(よろ)+F3キーを押すだけで、11文字の入力が完了します

近い将来、AIを用いた非定業務も当たり前となるのでしょうか

 

 

 

 

 

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です