メンテナンス


製造1課の井山です。

 

 

 

 

今回はタイトルにもありますように「GUNMAN-1000Ⅱ」の押え棒の回転にゴリ感があったので

メンテナンスをしてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

慎重に分解してみると回転部に小さなスパッターが大量に付着していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが原因だ!と思い、すぐにスパッターを取り除き、汚れた潤滑剤を拭き取り、

注油して組み付けると回転が滑らかに!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これでストレスなくバリバリ仕事ができます♪

 

 

 

 

今回、カバーをしていてもスパッターが付着することが分かったので、

他の目で見えない箇所も定期的にメンテナンスしていこうと思いました。

 

 

 

 

 

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です