ファイバーレーザー溶接


製造1課のサカキバラです。

 

 

 

 

先日、ファイバーレーザー溶接機の見学に行きました。

 

 

 

 

この溶接機は、SPCC(鉄)、SECC(メッキ鋼板)、SUS(ステンレス)だけでなく、

アルミの溶接も簡単にできるので、溶接する時間も短縮出来、

仕上げに関しては必要がなくなる製品もあると思われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらには、歪みも少なくなるので、今まで出来なかった板厚、形状の物も

出来るようになり、仕事の幅も広がります。

 

 

 

 

実際に体験させて頂いたのですが、とても簡単で、

どの材質でも同じように安定した溶接をすることが出来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です