溶接練習(アルミ)


製造1課のサカキバラです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近、時間を作ってアルミの溶接の練習をしています。

アルミには酸化被膜というものがあり、直流では溶接できないので、

交流(プラスとマイナスの電流を流す)で溶接することで、

クリーニング作用を行い酸化被膜を破ってやることで、やっと溶接が出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これがなかなか難しく、仕上げ後に凹みをパテで埋めるのですが、

塗装する際に苦労をさせてしまっているようなので、

もっと技術を磨いて、品質向上に努めていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です