大画面タブレット機能紹介 その2


こんにちは、検査科のイシモリです。

 

 

 

 

今日は、先日、馬木が載せていたタブレット機能紹介の続きです!

 

 

 

 

 

 

 

 

◼︎『不具合発録』機能について

 

この機能は、検査で不合格と判断した場合に使います。

どこで何を、どのように不具合を発生させてしまったか、記録として残せることが出来、

それをタブレットへ反映させて次、回の作業時に注意事項として画面に出て来るようになっています。

そうすることで、全員に共有ができ再発防止に繋がります。

 

 

 

 

引き続きタブレットのカイゼンを進めて、検査に力を入れていきたいと思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です