有効利用


製造1課の川岡です。

 

 

 

 

今回、溶接補強のため1人、作業者を増やしました。

そこで作業台を探していたところ、スポット溶接機を入れ替わることになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その処分することになった機械を分解し、溶接作業台として使用することになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これからも設備の更新をしていくことになりますが、

処分する物、利用出来る物の見極めの必要性を感じました。

 

 

 

 

 

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です